コンサルティング
「客観的なアドバイスが欲しい」経営者のそんな声にお応えします
「将来は、こんな会社にしたい!」
創業したとき、誰もが大きな夢や希望を持っていたはず。
だけど、会社経営の現実は、夢や希望だけでは成り立たない・・・。
「コンサルティング」って、そんなに大げさじゃなくていい。
だけど、誰かに経営の相談に乗ってほしい。
私たちは、経営者の方のそんな声に応えることができるコンサルティングを目指しています。
コンサルティングメニュー
コンサルティング イメージ創業支援
  • 法人設立支援
  • ビジネスプランの立案・作成
会社を設立して10年後も生き残っている会社は、全体の約20%と言われています。半永久的に会社を存続させるために、創業の段階でビジネスモデルを確立させておく必要があります。
財務分析
決算書、月次試算表といった財務資料から、経営状況を分析致します。
分析結果を経営者様へ分かりやすく報告・説明し、経営へフィードバックできるよう、アドバイス致します。
事業計画・経営計画の作成サポート
事業計画等は、経営ツールとしては大切なものです。
経営者が会社に対して責任を持つため、次世代のリーダーを教育するため、経営の反省を行うためにも必要です。事業計画等は、どのような事業計画を作るかではなく、どのように作るかが大切で、そこをサポートさせていただきます。また副次的な効果としても、種々あります。
  • 事業パートナーへの説明
  • 金融機関で融資を受けるとき
  • 新規得意先へのプレゼンテーション
  • その他
人事制度構築
人事制度が未整備で不満足の経営者は多いと思います。会社にとって「人」は命というけれど、「なんとなく」従業員の給与や配置を決めてしまうのではないでしょうか?
スタッフが高いモチベーションで仕事ができる環境を作るためには、人事評価制度、給与体系の構築は不可欠です。構築の考え方は、システムの構築と同じです。数年後には、再構築するつもりで、多少の混乱はあるかもしれませんが、思い切ってやりましょう!
事業承継
中小企業経営者の「高齢化」が社会問題となってきています。
「後継者がいない」という理由で、せっかくの優良企業が廃業となってしまう事例が起こっているのです。
経営者様が元気なうちに、後継者対策、相続対策などを行っていきませんか?
取締役会のオブザーバー参加
オーナー経営から組織的な経営に移行したいと考えている経営者は少なくないと思います。
この際、中心的な会議体となるのが取締役会や経営会議です。
このような会議体にオブザーバーとして参加させていただき、数値の報告や分析、非オーナー役員の発言の促進など、会議体が活性化し、意味のあるものするめの協力をいたします。
株式公開
株式公開を検討されている会社様について、以下のサービスをご提供致します。
株式公開を行う上での資本対策の策定
株式公開を行う上で、どのような株主構成が良いのか、またそれまでの資金調達をいつ、どのように行うか、あるいは従業員のモチベーションをどのようにあげていくのかを株式移動や第三者割当増資、新株予約権等の方法を使って、それらを実現するためのスケジュールを組み立てて行くことを資本政策といいます。この資本政策を経営者の皆様の意見を聞きながら組み立てていきます。
事業計画の作成
株式公開に当たっては事業計画の策定は必須のものであり、トップダウンではなくボトムアップにより策定される必要があります。部門別の事業計画など会社が作成するに当たってアドバイスを行います。
その他
株式公開には、その他にも規程の作成、内部監査の実施、監査法人・証券会社・証券取引所との対応など種々の業務が生じます。これらの業務のアドバイスを行います。
顧問報酬
顧問報酬は、会社の規模、会社の状況、業務の内容を踏まえて、決定させて頂いております。
事前打ち合わせには、充分な時間を取り、お見積もりをさせて頂きます。
長いつきあいになる会計事務所を選択するわけですから、
私たちとの相性、お支払い頂く報酬をゆっくりご検討し、しっかり見極めてください。
田中会計事務所へのお問い合わせはコチラから