セカンドオピニオン
万一、顧問税理士の税務判断が間違えていたとしたら…
「セカンドオピニオン」という言葉を、耳にしたことがあると思います。
大辞林では、
第二の意見。特に医師の診断や治療法が適切か、患者やその家族が求める別の医師による意見。
という定義がなされています。
昨今の不景気で、経営の苦しい会社、病んでいる会社が本当に増えています。税金対策、金融機関への対応、今後の経営方針、利益改善施策・・・。
やらなくてはいけないことが山積みです。
セカンドオピニオン イメージ
セカンドオピニオンのススメ
経営者にとって、自分の会社というのは、自分や家族と同じくらい大事なもの。
従業員の生活もかかっています。会社が豊かな利益を生んでこそ、経営者、従業員を幸せへ導くことができます。経営判断を間違えてしまえば、経営者のみならず、従業員、取引先・・・いろんな方を路頭に迷わせることになりかねません。
現在の税理士に不満はありませんか?
こんな悩みをお持ちの方には、ぜひセカンドオピニオンを取り入れて頂きたいと思います。
顧問税理士とは従来どおりおつきあいを継続できますので、変な「しがらみ」を考える必要もありません。
また「将来的に、顧問税理士の変更を考えている。」という方の、「お試しプラン」としての活用も可能です。「一気に変えてしまうのは、勇気がいる・・・。」という方は、当事務所との相性など、セカンドオピニオンコースできっちり見極めて下さい。
  • セカンドオピニオンコースは、顧問税理士様との契約は、そのまま継続して下さい。
    毎月2時間までの(移動時間除く)ご相談・アドバイスとさせて頂きます。
    2時間を超えてかかる作業、調査につきましては、別途費用が発生致しますのでご了承ください。
セカンドオピニオンの事例
税務相談・情報提供
「顧問税理士以外の意見も聞いてみたい。」という経営者の方へ、情報提供を行います。
我々の持つノウハウや税務資料の検索により、第三者の視点から、税務的判断を行うお手伝いを致します。
経営アドバイス
「第三者の立場から客観的なアドバイスが欲しい」という経営者の方は多いのではないでしょうか?
田中会計事務所では、公認会計士と中小企業診断士が、貴社に助言させて頂きます。
上記事例は、当事務所がご提供するセカンドオピニオンの一例です。
顧問報酬
顧問報酬は、会社の規模、会社の状況、業務の内容を踏まええて、決定させて頂いております。
事前打ち合わせには、充分な時間を取り、お見積もりをさせて頂きます。
長いつきあいになる会計事務所を選択するわけですから、
私たちとの相性、お支払い頂く報酬をゆっくりご検討し、しっかり見極めてください。
田中会計事務所へのお問い合わせはコチラから